素肌美人になる!肌を美しくする正しいスキンケア方法

メイクは残さず落とす

メイクをして肌に化粧品が残っていると酸化しやすく、肌を傷付けます。またスキンケア用品が浸透せず、折角の成分が台無しになってしまうのです。
潤いを残したい時にはミルクタイプのクレンジング剤を、しっかりメイクをしているのならオイルタイプを使います。手の平で軽く温めてから肌に馴染ませます。毛穴にメイクが残らない様に下に向かって落とし、強く擦らない様に注意する事も大切です。ぬるま湯で何度もすすぎます。

ふわふわの泡で洗顔を

メイクを落としたら洗顔です。洗顔は肌の摩擦を避ける為にもたっぷりの泡を使って洗います。洗顔用ネットなどを利用してキメの細かい泡を作ります。肌の上で泡を転がす様に洗い、小鼻や目元、ほうれい線など汚れが溜まりやすい部分も泡を行き渡らせます。クレンジングと同じ様にぬるま湯でしっかり洗い流して終わりです。

化粧水と乳液で潤いを与える

洗顔をしたら素早く化粧水を馴染ませて潤いを与えます。肌が手に吸い付く位水分を加えたら完了です。コットンに化粧水を含ませてパックするのも効果的で、しっかり水分が行き渡ります。

美容液でしっかり栄養補給

化粧水で潤いをチャージした後に大事なのは自分に必要な成分を美容液で補給する事です。美容液には美白効果やシワ、たるみなどに効果のあるものなど様々です。自分の悩みに合わせたアイテムを選び、手の平で温めてから顔に乗せます。

最後に乳液で蓋をする

化粧水や美容液の成分を逃さない為にも最後に乳液で蓋をします。脂っぽい肌質でも乳液で蓋をしないと水分や栄養が無くなってしまうので注意しましょう。

品川美容外科の裁判について詳しく