これで解消!体がかゆくなる原因と予防法とは!?

正しい入浴法を知っておこう!

お風呂は長く浸かると気持ち良いし、心もリラックス出来ていいですね。特に女性の方は、長時間お風呂に入って体も心も綺麗にしたいと思っている方が多いでしょう。しかし長い時間お風呂に入ると、大量の汗をかき体内の水分が減ってしまいます。これでは体の乾燥を招いてしまう原因になりますので注意が必要です。お風呂に浸かる理想的な時間は約15分であり、この時間を超えてしまう事で体に必要となる水分が外に出てしまって乾燥しやすくなります。またお風呂のお湯の温度も高すぎると、汗をかく量が多くなるため38度を目安に浸かるようにしましょう。

部屋には加湿対策も必要

寒い冬や暑い夏にはエアコンなどの器具を使用する機会が増えます。しかしこういった器具を使用していると、なんだか乾燥して体がしんどくなるといった経験をした人も多いのではないでしょうか。電化製品を使用すると部屋が乾燥した状態になるため、使用する際には加湿器などの湿度を上げる物を同時に使用する事がとても重要なポイントとなってきます。また体内に水分を補給するためにも、水をしっかりと飲む事も大切です。

乾燥対策にクリームを塗ろう

お風呂を上がった時は、肌はとても乾燥しやすい状態になっています。そのため顔だけでなく、体にもしっかりとクリームを塗って乾燥対策しておく事が重要なポイントです。冬だけでなく、夏には強い日差しを浴びた後など肌は乾燥していてとても敏感になっています。たっぷりの保湿クリームを体全体に塗るようにしましょう。またクリームを塗る際にマッサージをしながら行うと、血流もよくなりとても効果的です。

品川美容外科の告訴について調べる